• 2020.12.2
  • Comments Off on 手作りスケジュール帳 無料ダウンロード

手作りスケジュール帳 無料ダウンロード

スポンサーリンク

ここ7年くらい、毎年のスケジュール帳(planner/プランナー)(agenda/アジェンダとも呼ばれている)を手作りしています。手作りといってもインターネットの無料のものをダウンロードして製本するだけなのですが、無駄なページを省けるし、(PDFをExcelに変換できさえすれば)タイプで書き込み編集ができるし、使い勝手が良いです。また、用紙とインクとプリンターさえあれば無料でできるので家計に優しいです。この手作り感が恥ずかしかった時期もあるのですが、今はお気に入りです。12月に入り、そろそろ来年のページが必要となりそうなのでここで紹介したいと思います。

まず、https://www.vertex42.com/calendars/printable-calendars.html に行き、ページ中ほどの「Printable Monthly Calender 2020, 2021…」というタイトルが付いたカレンダーを探し、その右側にある選択肢から印刷したいものを選びます。

例えば

「With U.S. Holidays: 202020212022」の3つはアメリカの祝日が記入されます。
「Blank (no holidays): 202020212022」は祝日が書かれていないものです。
「Blank, Monday-Sunday: 202020212022」は祝日は無し。月曜始まりで土日が隣り合わせで表示されています。

印刷したいものが決まったらそれを選び、ダウンロードページに飛びます。次のようなページです。

ここで最初の緑色の「↓DOWNLOAD」というボタンを選びダウンロードします。ダウンロードしたファイルを開きます。ここで、PDFをExcelに変換できる人は変換し、家族の誕生日や既に決まっているスケジュールをタイプ入力すると手書きよりもきれいに仕上げることができます。編集できない人はPDFのまま片面印刷(合計12枚)します。

印刷が終わったら印刷面を内側にして二つ折りにします。この時、折り目の反対側の端でトントンと合わせておくとページがめくりやすいものに仕上がります。トントンと揃えたらクリップか洗濯ばさみで固定しておくとズレることなく作業が進められます。

そしてホッチキスを使わずに、のりか両面テープで中心部分を張り合わせていきます。ホッチキスを使うとページの真ん中の「水曜日」が綴じられてしまい幅が狭くなるうえ、書き込みづらくなってしまいます。また、のりは乾燥するとはがれてしまうものがあるので、ガッチリと張り合わせることができる両面テープが私は好きです。

その後、好きな色の画用紙で表紙・裏表紙を作り両面テープで貼り付けます。厚みが5㎜ほどできるので、画用紙も厚さ分を折って作るとピッタリとフィットして見た目がきれいに仕上がります。

 

スポンサーリンク

Related post

Comment are closed.
ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me on Twitter

September 2021
M T W T F S S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Return Top