• 2020.6.1
  • Comments Off on Visa、Mastercard® ギフトカードのオンラインでの使い方(アメリカ)

Visa、Mastercard® ギフトカードのオンラインでの使い方(アメリカ)

Visa、Mastercard®、銀行から発行されたギフトカードがオンラインで機能しない場合の原因と解決方法について、アメリカのウェブサイト、GiftCards.comで調べて分かったことを紹介します。


(Photo:GiftCards.com)

ギフトカードには大きく分けて2つの種類がある

 Visaギフトカード、Mastercardギフトカード、Discoverギフトカード、American Expressギフトカード

これらを使用する時は 「クレジット/デビットカード」の赤枠に入力、使用します。

② ストアギフトカード 

ストアギフトカードは「ギフトカード」の青枠に入力、使用します。

ギフトカードの残高が足りない場合、ギフトカードとクレジットカードなど、2つのカードを同時に使用することができる場合があります。これはsplit tender transaction「複合取引」と呼ばれています。この場合、必要事項をギフトカードフィールドとクレジットカードの両方に入力し購入手続きを行います。

ギフトカードがオンラインで使えない場合に考えられる理由

Visa、Mastercard、Discover、American Expressのギフトカードは、たいていどのオンラインストアでも利用できます(銀行発行のギフトカードは使用できない場合があります)。でもギフトカード情報を正しいフィールドに入力しているのにギフトカードが拒否されることがあります。その最も一般的な原因は次のとおりです。

1. ギフトカードが有効化されていない。
セキュリティ対策として、有効化(アクティベート)しなければ使えないようになっています。店舗で使用する場合は、たいていレジでギフトカードを有効化てもらえますが、オンラインで使用する場合には自分で有効化しなくてはいけません。ギフトカードがオンラインで機能しない場合は、使用する前に有効化する必要があるかどうかを確認してください。

2.カードを登録していない
登録して、住所と名前をカードに関連付ける必要があります。店舗やレストランでギフトカードを使用する場合は登録する必要はありませんが、オンラインで使用する場合は、この手続きがかなり重要となってきます。盗まれたクレジットカードがオンラインで使用されるのを防ぐため、多くのWebサイトでは、住所確認システム(AVS)と呼ばれる手順を行い、使用されるカード番号が銀行に登録されている住所と一致するかどうかを確認しています。ギフトカードの場合AVSは通常不要なのですが、 Visaギフトカード番号をVisaクレジットカードと同じフィールドに入力するため、WebサイトはAVSを要求してくるのです。

3.カードの待機期間が終わっていない
有効化・登録してから一定の時間内(48時間など)は使用できないギフトカードがあります。窃盗犯の中には盗んだクレジットカードを使ってギフトカードを購入する人がいるので、待機期間を設けて不正使用を遅らせ、銀行、店舗、盗難被害者が対応する時間を確保するためです。店舗でギフトカードを購入してすぐに使用したいのにカードが機能しないという場合は、領収書やギフトカードのパッケージに待機期間が書かれているか確認してください。

4.カードの残高不足
カードの残高が不足している場合、オンラインショッピングでは上記のような、split tender transaction「複合取引」の処理ができないウェブサイトが多いため、ギフトカードは拒否されます。

5.保留中の取引が残高に影響を与えている
Visaギフトカード番号をシステムに入力するたびに、システムはカードに取引を完了するのに十分な資金があるかどうかを確認します。この承認チェックの間、システムは購入に必要な資金を「保留」します。購入手続きが完了すると、保留中の金額が確定(または「クリア」)され、決算されます。
この保留がすぐに解除されない場合があります。店舗が持つシステムの動作方法によっては、保留中の請求が削除されるまで数時間または数日かかる場合があります。この保留によって残高の一部が凍結状態になっていて、ギフトカードが拒否されることがあります。保留がカードの残高に影響を与えている場合は、数日待ってからもう一度試してください。

6.米国でのオンラインショッピングではない
米国で発行されたVisaギフトカードは、米国内でのみ使用可能です。これはウェブサイトでも同様です。国外の店舗やウェブサイトで購入しようとすると、取引は拒否されます。

7.定期的な支払いは許可されていない
プリペイドカードは、定期購入サービスや、出会い系サイト、携帯電話サービス、公共料金などの定期的な支払いに使用できない場合があります。できれば支払先に電話をしてギフトカードが使用できるか確認してみましょう。

8.キャッシュバックは許可されていない
マネーロンダリングを禁止するために、「準貨幣」に分類されるギフトカードを現金化する取引は問題になる可能性があります。PayPalが、ギフトカードをPayPalアカウントにリンクできるようにすると発表しましたが、全てのギフトカードに機能するわけではありません。

9.疑わしいサイトで使おうとしている
Visaやその他の銀行発行のギフトカードは、違法な取り引き、または不適切な商品やサービスの代金を支払うためにカードを使用しようとすると拒否される場合があります。例えば、オンラインギャンブルサイトやアダルトウェブサイトがそうです。

10.トランザクションが多すぎる
試行錯誤しすぎてカードがロックされてしまう場合があります。例えば、残高チェックを何度も行ったり複数のウェブサイトでカードを入力したりして、カードが拒否されるたびに、いろいろと試してしまう場合がそうです。これは窃盗犯が盗んだクレジットカードをなるべく早く使おうと試行錯誤する様子に似ているためロックされてしまうのです。誤ってギフトカードをロックしてしまった場合は、ギフトカードの裏面に記載されている発行会社に問い合わせましょう。

(参考元:Shelley Hunter,Need Help Using Visa® Gift Cards Online?, GiftCards.com,Sunday May 3, 2020)

Related post

Comment are closed.
ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me on Twitter

Archives

October 2020
M T W T F S S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Return Top