• 2020.9.17
  • Comments Off on 着ているものから読み取れること

着ているものから読み取れること

「人を外見で判断してはいけない」とはいうものの、人の外見から分かるその人の情報はたくさんあります。
着ているものもその一つです。

1.その人の目指しているもの
一時期「ブランディング」ということが言われていました。自分を商品に見立て、商品を売り込むために見せ方を考えるということのようでした。ある人はビジネスマンで、彼の思う「人に注目されるビジネスマン」へと変容していきました。オーダーメイドのシャツ、スーツ、靴、名刺入れ、などなど。アイテムを一つ新しく取り入れると調和を取るためにその他も変えざるを得ません。最終的にはその対象が「物」に偏り過ぎていった印象を受けました。見ているのは面白かったですが、彼が思うようなブランディングが成功したかどうかは疑問です。その代わり、彼が目指しているところは伝わったと思います。

2.その人が繋がっているもの
一番簡単なのは制服ですが、その人の所属しているグループや付き合っている人たちが見えてきます。Tシャツのロゴやアクセサリーなどもそうです。急に服装やに持ち物が変わった人は、付き合う人が変わった可能性があります。それがいつなのか、を考えるのも興味深いです。例えば、坂本龍馬はいつ誰から拳銃を手に入れたのか?土方歳三の洋装はどこから手に入れたのか?

3.仲の良い人たち
仲の良い友達とはよく似てきます。お互いに影響し合っているからです。もともと似た者同士が集まるということもありますが、着る物や持ち物に関しては良いと思ったものを真似し合ったりもするので更に似てきます。政治家などでもよく似たネクタイをしていたりします。同じ人からもらったりすることもあるのかもしれません。
でもどれだけ仲が良くても完全に同じにするのは相手に嫌がられるので、注意が必要です。

人の服装を見るのはとても面白いですね。でも決めつけはいけませんから、あくまでも憶測であるという前提で…。

Related post

Comment are closed.
ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me on Twitter

Archives

October 2020
M T W T F S S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Return Top