• 2021.1.21
  • Comments Off on 移民が増えると仕事が減るのか

移民が増えると仕事が減るのか

スポンサーリンク

移民受け入れに反対する人がその根拠として使うものに、「移民が増えると仕事を取られてしまう。」というのがあるのですが、私はその意見は疑わしいと思っています。

1.人が増えれば仕事も増える
私たちは、地方に仕事がないとか、良い企業が都市にあるとかいう理由で引っ越しをします。日本国内では東京に人が集まっています。その結果、東京で仕事が無くなっているでしょうか。より多くの人が住めば、ライフラインが必要となり、住宅が必要となり、学校が必要となり、公共施設が必要となり、病院が必要となり、お店が必要となり…。あらゆるものが必要となって、そこで働く人たちが必要となります。

2.人が集まるとイベントが増え、物が売れる
人が増えると人が集まりやすいのでイベントを企画しても成功します。お金も集まります。関連商品が作られ、売られます。

3.街が発展する
いろいろなアイデアが集まり、新しいものが作られます。発明が起こり生活は便利になります。そして街はさらに発展します。

4.税金が集まる
人が住むと税金が支払われます。その土地が気に入ると不動産を買う人も出てきます。人が住んで、消費して、買って、相続しますから、そのたびに様々な形で税金が支払われます。それを財源にして街は大きな力を持つようになります。

5.人の多い土地は政治力を持つ
移民が選挙権を持つようになればの話ですが、人が集まれば票が集まるので政治力も高まります。アメリカで言えば、人口の多い州はその数に応じて選挙人(elector)の数が増え、大統領選に影響を及ぼすことができます。

 

ちなみに、住民税や住宅や物価などが高くなれば人は移動して出ていきますので、人が増えすぎて困るという事は無いのではないかと思います。

移民が増えるのが嫌だという人の気持ちは分かります。それまでの文化や慣習が影響を受けますし、自分のテリトリーが乗っ取られるような恐れを感じるのも分かります。でも、仕事が無くなってしまうというのは違うのではないかと思います。移民までして生きようという人たちはエネルギーのある前向きな人たちです。新しい人とコラボレーションして新しいものを生み出すことができる。見方さえ変えれば、いろいろな可能性に満ちているのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Related post

Comment are closed.
ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me on Twitter

June 2021
M T W T F S S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Return Top