• 2020.7.5
  • Comments Off on Wikipediaで英語のリーディング-Zen(禅)1

Wikipediaで英語のリーディング-Zen(禅)1

アメリカで仏教に親しもうとして「近くにお寺は無いかな?」とインターネットなどで探すと、曹洞宗の禅センター(Zen Center)が見つかることが多いと思います。日本のお寺をイメージしていくと少し違うのですが、中国系のお寺やチベット仏教のお寺に比べると、日本のお寺に限りなく近い感じがします。今回は仏教用語の英語を勉強しようと、Wikipediaの「Zen」を読んでみたいと思います。思いますと言っても、単語を紹介するだけですが…。3つのブロックに分けました。最初の2つはそれほど難しくないのですが、最後はサンスクリット語が入っていて難易度が高めです。何度も音読する必要がありそうです。

Zen (Chinese: 禪; pinyin: Chán; Japanese: 禅, romanized: zen; Korean: 선, romanized: Seon; Vietnamese: Thiền) is a school of Mahayana Buddhism that originated in China during the Tang dynasty, there known as the Chan School (Chánzong 禪宗), and later developed into various schools. The Chan School was strongly influenced by Taoist philosophy, especially Neo-Daoist thought, and developed as a distinct school of Chinese Buddhism. From China, Chán spread south to Vietnam and became Vietnamese Thiền, northeast to Korea to become Seon Buddhism, and east to Japan, becoming Japanese Zen.

【語彙】
school:宗(=sect)
Mahayana Buddhism:マーハヤーナ、大乗仏教
Tang dynasty:唐の時代、618年から907年にかけての中国の王朝
the Chan School (Chánzong 禪宗):禅宗、チャンゾン
developed into various schools:様々な宗派へと発展した
Taoist philosophy:道教の哲学
Neo-Daoist thought:Xuanxue、玄学(げんがく)思想。中国の魏晋南北朝時代に隆盛を誇った哲学思潮。本来は「三玄の書」と称せられた『易経』『老子』『荘子』の解釈をする学問であった。
distinct:ディスティンクト、別個の

The term Zen is derived from the Japanese pronunciation of the Middle Chinese word (chán), an abbreviation of 禪那 (chánnà), which is a Chinese transliteration of the Sanskrit word of dhyāna (“meditation”). Zen emphasizes rigorous self-restraint, meditation-practice, insight into the nature of mind (見性, Ch. jiànxìng, Jp. kensho, “perceiving the true nature“) and nature of things, and the personal expression of this insight in daily life, especially for the benefit of others. As such, it de-emphasizes mere knowledge of sutras and doctrine and favors direct understanding through spiritual practice and interaction with an accomplished teacher or Master.

【語彙】
The term is derived:その語は派生する(した)
the Middle Chinese word:中古音(ちゅうこおん)の語。中国音韻学上、南北朝時代後期から、隋・唐・五代・宋初にかけて使用された中国語の音韻体系。
an abbreviation of-:~の略、アブリヴィエイション
Sanskrit word :サンスクリット語の単語。古代インド・アーリア語に属する言語。
rigorous:リガラス、厳しい
self-restraint:セルフ・リストレイント、自制
meditation-practice:瞑想の実践
insight into:~を見抜くこと
nature of mind:心の性質
perceiving:パースィ―ヴィング、気付くこと
the true nature:本質
for the benefit of-:-のために
As such:そうであるから、かくして
de-emphasize:強調を抑える(reduce the emphasis)
mere:ミア、単なる
sutra:スートラ、経、経典
doctrine:ドクトリン、教義
favor:奨励する
spiritual practice:修行
accomplished teacher:優れた教師
Master:指導者、師匠

The teachings of Zen include various sources of Mahāyāna thought, especially Yogachara, the Tathāgatagarbha sūtras, the Laṅkāvatāra Sūtra, and the Huayan school, with their emphasis on Buddha-nature, totality, and the Bodhisattva-ideal. The Prajñāpāramitā literature as well as Madhyamaka thought have also been influential in the shaping of the apophatic and sometimes iconoclastic nature of Zen rhetoric.

【語彙】
Yogachara:ヨーガ―チャーラ、ヨガ修行、瑜伽行唯識学派(ゆがぎょうゆいしきがくは)は大乗仏教の学派のひとつで、唯識の教学を唱導した学派。
Tathāgatagarbha:タターガタガルバ・スートラ、如来蔵経(にょらいぞうきょう)
Laṅkāvatāra Sūtra:ランカーヴァターラ・スートラ、楞伽経(りょうがきょう)
the Huayan school:フアヤン・スクール、華厳宗(けごんしゅう)は、中国大乗仏教の宗派のひとつ。
totality:トータリティー、完全性、全体性
the Bodhisattva:ボーディ・サットヴァ、菩薩
ideal:アイディアル、理想
Prajñāpāramitā:プラジュニャーパーラミター、般若経
Madhyamaka: マーディヤミカ、中観派(ちゅうがんは)
apophatic:アポファティック、神が人間に知られうるのは神が存在しないことに関してだけであるという信念の
iconoclastic:アイカナクラスティック、聖像破壊(者)の
rhetoric:レトリック、修辞法

情報元:写真と本文はWikipedia(Zen)より 、英単語の意味はWeblioより。
Wikipediaで英語のリーディング練習-Zen(禅)1
Wikipediaで英語のリーディング練習-Zen(禅)2
Wikipediaで英語のリーディング練習-Zen(禅)3

Related post

Comment are closed.
ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me on Twitter

Archives

October 2020
M T W T F S S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Return Top